古代史日和プロジェクト2018

あなたが主役!古代史を楽しく広げるプロジェクト2018

2018年、古代史日和では、古代史を楽しく広げるプロジェクトを立ち上げます!

あなたに合ったやり方で、テーマを持って古代史を楽しみませんか?

 
 
>>古代史発表会7月に予定しています。会員メンバーさんなら誰でも参加できます。あなたの「好き」を語る場所。
 
 
これから勉強を始める超初心者の方から、古代史歴5年以上の方まで、古代史を歴史として楽しく学んでいただける場を用意しています。
 
今まで教わる側だったけれど、教えることで古代史を楽しく深めたい方は、古代史日和で先生として教えてみませんか?
>>古代史を教えたい方へ
 
あなたが行った場所、知った情報をブログに書いて発信しませんか?思い出として残すだけでなく、同じ興味を持つ人や知りたいと思っている人へ伝えることで、あなたの発信を資産にすることができます。SNSだけでなく、後世へ残すカタチで。>>読まれる古代史ブログを書くために
 
気になるあの神社、古墳、お寺、パワースポットや博物館を巡って楽しみましょう♪古代史日和では、東京国立博物館の特別展「縄文-1万年の美の鼓動」での課外授業を企画しています。詳しくはメルマガにて。
 
ランチやお茶をしながら、古代史トークを楽しみませんか?同じ興味を持つ気の合う仲間とわいわい話すことで、古代史の世界が広がります。べんきょう会前、べんきょう会後に随時開催中☆メルマガ(古代史info)でご案内しています。
 
>>日本武尊を知って楽しむ*あなたの地域に残るヤマトタケルの伝承やお祭り、あなたが訪れたことがあるヤマトタケルゆかりの場所、あまり知られていないヤマトタケルの話などなど、私たちに教えてください。>>教えて!日本武尊のこと
 
あなたは何で楽しみますか?こんな企画はどう?など、古代史に関することでやってみたいことなどありましたら、ご相談ください。一緒にアイデアを形にしていきましょう!
※全てのアイデアの実現を保証するものではありませんので、ご了承ください。
 
 

参加の条件

古代史に興味のある方でしたら、どなたでもOKです。年齢、性別、問いません。

このプロジェクトに関して、特別なお申し込みは不要です。気になる企画にご参加ください。

企画に合いそうな方には、こちらから声をかけさせていただくことはありますが、何かを強制することやお願いすることはありません。

あなたが興味のある人物は誰ですか?

このプロジェクトは、主体的に行動できる方が楽しめるプロジェクトです。

とは言っても、どんなテーマで楽しんだらいいのか?わからない方もいると思います。

そういう方は、人物で考えていただくといいのかなと思います。

「歴史は人物」の面白さがあります。

『古事記』に出てくる神さまでも、『万葉集』に出てくる天皇でも、『先代旧事本紀』に出てくる神さまでも、『風土記』に出てくる人物でも、『魏志倭人伝』に出てくる卑弥呼でも!

あなたが興味のある人物を探して、選んで、調べてみてください。

古墳と古典を結びつけて、被葬者(葬られている人)探しをしてみるのも、おもしろいかもしれませんね。

 

考古学至上主義では、モノだけを見て人物が語られることはありません。

今の文献のとらえ方では、神話は史実とは関係ない、あの神様は架空、この天皇はいなかったと、私たちが学ぶ意味がなくなってしまいます(汗)

『古事記』『日本書紀』『先代旧事本紀』といった日本の古典をベースに遺物も見ていく。

そして、『魏志倭人伝』『新唐書』いった海外の文献も見ていく。

その人物ゆかりの場所に足を運んでみる。

あなたが興味のある古代の人や神さまを中心に考えていくと、本を読むことや、勉強会や講演会に参加すること、旅行に行くことがさらに楽しくなり、わくわくする時間が増えると思います。

 

せっかくなので、どこかのタイミングでプロジェクトに参加してくださっているみなさんで集まり、交流できたらと思っています。

2018年を最高の一年にしましょう!

kaori