【2月】神社べんきょう会について

べんきょう会詳細

 
日時 2月3日()13:10~14:50
テーマ 関東の神様たち~一の宮の神社と鹿島神宮、香取神宮など東国三社について
講師 えみ子先生
場所 池袋駅徒歩2分
受講料

会員さま 2,000円
一般の方 4,000円(入会金+参加費)
一般の方 4,000円(入会しない)

入会金

初めての方は、別途入会金2,000円
※当日入会特典あり

定員  10名 
持ち物 筆記用具、飲み物
その他 開催場所は、お申し込み時にメールでお伝えします

★この勉強会は、超初心者向けの内容です

古代史日和のべんきょう会に参加する

内容

神社には「一の宮」と呼ばれる神社があります。

「一の宮」とは、平安時代から鎌倉時代初期にかけて整えられた、一種の社格のことです。

現在、全国に108社あります。

 

かつて「神宮」という名称を名乗ることができた神社は、伊勢神宮と東国の鹿島神宮(常陸国一の宮)、香取神宮(下総国一の宮)のみでした。

格式高い二社と、霊泉で知られる息栖神社を巡拝する「東国三社めぐり」といいます。

 

今回は身近な関東地方にある一の宮と関連する神社をご紹介します。

また、神社の神様たちや境内のこと、参拝の証しである御朱印など、神社めぐりの楽しみ方の話もします。

関東の神様たち~一の宮の神社と鹿島神宮、香取神宮など東国三社について

1. 教えて、神社のこと
2. 「一の宮」ってなに?
3. 東国三社めぐり(鹿島神宮、香取神宮、息栖神社)
4. 関東地方の一の宮(大宮氷川神社、鶴岡八幡宮、二荒山神社、玉前神社など)
5. 御朱印について

※内容は一部変更になることがありますが、テーマの範囲内です。