志村裕子(yurin)

20/11/27更新


*略歴*
1959年千葉県市原市生まれ、千葉県柏市在住
青山学院大学文学部日本文学科卒
元日本鋼管(現JFEスチール)(株)勤務
上代古典の文献考証による古代史研究
ローズ・コンシェルジュ

yurin-パフビューティ

ニックネームyurin(ユーリン)こと、志村裕子です。千葉県市原市で生まれました。

父の仕事で、都市部へ居住しましたが、農村風景をみると、いつもホッとして懐かしい気持ちになります。

千葉は自然も歴史も平凡なので、高い山々や雪国、歴史的由緒ある場所に憧れました。

学生時代から旅先でのお土産としてその土地の方々が、自然や風物を記した地誌―を求めて読むのが楽しみでした。

そういう書物を読むと、『古事記』『日本書紀』の神話や、実在しないとされる初期の天皇の時代の記述に、さりげなく記された地名に気づきます。

<地名に関するツイート>

 

そしてその場所には、なんと!縄文時代以来の玉作りの遺跡があることもあります。

さらに古い神社があり、由緒のあるお祭りや神楽もあるのです。

古墳やヒスイなどの考古学の遺物もあります。

その土地の人々が大切にしてきた、樹木や泉や磐座(いわくら)などの自然があり、海の幸・山の幸も豊かです・・・。

 

その史跡などが、どの時代の出来事かと、あれこれ思索をめぐらすと、むしろ古典に書かれていることは、あれもほんとうだった、これもほんとうだった、というように古典の中から、無限の豊穣の世界が広がる思いをしたことが大きかったのです。

ブログを通してその楽しさを少しでも多くの方々にお伝えし、共感していただけたら、と思います。

yurin-シモツケソウ

yurinの好きな花

2分の動画で好きな花を紹介しています!(音が出ます)

 

ニックネームyurin(ユーリン)はクレマチス ユーリからきています。

ニックネームのエピソードは、下記ブログの「飯塚市の懇親会でニックネームをいただく」をお読みくださいね。

古代史・古典を楽しむ方へメッセージ

過去の勉強会資料をもとに、古代史を楽しむ方へのメッセージをまとめました。(Kaori編集)

北部九州の神社・伝承は『古事記』『日本書紀』の記述を支持

文献に記載 実際に神功皇后の足跡を残している地域に伝承が残る…矛盾ない

第二次大戦の敗戦後、教科書では考古学、中国文献から古代史に入る
(その結果)⇒さまざまな邪馬台国の場所、古代史像が乱立

  • 神武天皇・日本武尊・神功皇后などの実在を認めずに、古典を解釈
  • 独自の古代史像を構築

 

日本の上代の文献(『古事記』『日本書紀』『先代旧事本紀』『風土記』『古語拾遺』『万葉集』『高橋氏文』など)は、ストーリーの本質・登場人物の一致・地元の伝承と補い合う

古典と素直に向き合い古典解釈、歴史認識してOK!

(2017.7.30 資料P3より)

日本神話と弥生時代の考古学

日本神話の神々の活動拠点・活動範囲は弥生時代の考古学遺物と対応する
古典を丹念に読んで、現地の遺跡・神社を探訪することで、古代像は具体性が出てくる

弥生時代中~後期の各地域の祭祀具と推定主要勢力

弥生時代最終の頃の祭祀具と推定主要勢力
(2018.12.22 資料P14より)

 

yurin-彌彦神社山頂

彌彦神社山頂にて

講演・発表実績

yurinプロフィール

<東京>
「弥生の旗手遠賀川の人々が残したもの」
(古代史文化フォーラム邪馬台国研究大会 2011.7早稲田大学西早稲田キャンパス理工学部 )
 
「『先代旧事本紀』「国造本紀」にみる邪馬台国」
(全国邪馬台国連絡協議会 東京地区大会 2014.7文化シャッターBXホール)
 
「物部氏の東遷」
(九州の歴史と文化を考える会 2015.1港区三田いきいきプラザ)
 
「物部氏の東遷」
(邪馬台国の会千葉支部 2015.4船橋市習志野台公民館)
 
「景行天皇・日本武尊伝~日本を一つに父子の軌跡~」
(『景行天皇と日本武尊』出版記念会 2015.5築地・汐留BLUEMOOD)
 
「弟橘媛の真実」
(九州の歴史と文化を考える会 2015.7港区三田いきいきプラザ)
 
「弟橘媛を語りませんか~崇高なる愛を捧げて~」
古代史Cafe会 2015.11)
 
「日本神話は日本民族の自然伝承の結実」
(先古代史の会 2016.4港区役所 芝浦南区民センター)
  

<福岡>
「物部氏と遠賀川の神々」
(古代史フェスタ遠賀川の神々 2014.12夢サイトかほ)
 
「斉明天皇と筑紫の女神たち」
(全国邪馬台国連絡協議会九州地区大会 2015.4九州国立博物館)
 
「神々のふるさと遠賀川」
(古代史シンポジウムin 飯塚 2016.4イイヅカコスモスコモン)
 
「遠賀川の神々」
(女神輝く遠賀川~古代史シンポジウムin 嘉麻 2016.10夢サイトかほ)
  
<鳥取>
「孤島の女神に8万点の国宝を捧ぐ~天照大神の御子神の苦難の道~」
(大国主命の妻たちのサミット~古代日本海文化圏の交流 2016.4鳥取市河原町中央公民館大講堂)

yurin-つるバラ

著作歴

yurin-鈴蘭-ナルコラン

*単行本*

『江戸の邪馬台国』(江戸国学者たちの邪馬台国論争―柏書房1991年) 

『先代旧事本紀現代語訳』(『古事記』『日本書紀』と並ぶ、物部氏からみた古代通史)(批評社2013年)

 
『景行天皇と日本武尊』(第12代景行天皇とその皇子ヤマトタケルの遠征記録)(原書房2015年)以上共著

*雑誌*

<現代語訳>
本居宣長「紺狂人」(藤原貞幹との古代史論争―1987年30号)
 
上田秋成「呵刈葭」(本居宣長への反論―1988年43号)
 
近藤芳樹「征韓起源」(第14代仲哀天皇・神功皇后伝承と魏志倭人伝―1988年34号)
 
樺山資雄「神代三陵異考」(南九州の天孫の陵墓)(1988年37号)
 
本居宣長「天祖都城弁々」(高天の原論争―1990年41号)
 
後醍院御柱「神代三陵志」(南九州の天孫の陵墓―1990年41号)
 
本居宣長「うい山ぶみ」(国学入門者のためにー1990年43号)

yurin-クレマチス

*論文*『季刊邪馬台国』にて掲載

「第二代綏靖天皇の実在性」(カムヌナカワミミノミコトと越のヒスイ―1990年42号)※42号売切
 
「大彦の墓」(長野市の川柳将軍塚古墳―1991年45号
 
「斉明天皇紀百済派兵の童謡について」(江戸時代の国学者から現代までの解釈―2003年80号
 
「桜井茶臼山古墳の被葬者は崇神天皇皇后・御間城姫か」(四道将軍大彦の娘がミマキヒメ―2010年105号

*エッセイ*

「建御名方と沼河姫」(諏訪湖のヒスイと巨木の祭り―1997年62号
 
『季刊邪馬台国』連載
「尾張氏と物部氏の系譜~上代古典の神・氏族・自然」(日本古来の神々を守った物部氏と古代の大事件―2015年127号~)

 

ブログのプロフィールを書くために、過去を整理してみたら、なんかおどろおどろしいような、難しい題目が並んでしまいましたが(汗)、安本美典先生の『邪馬台国への道』堀辰雄氏の『大和路・信濃路』が、旅の始まりのガイドブックであったと思います。

二人の師に導かれるように、自然と歴史の旅が始まったのです。

yurin-桜草-コデマリ

 


(7/8追記)こんにちは。古代史日和を主宰しているKaoriです。

私が運営している別サイトで、yurin先生に書いていただいていたブログがあります。(現在は公開していません)

yurinブログ

少し先になってしまうかもしれませんが、もし古代史日和サイトで紹介できたら、改めてお知らせいたします。

新着情報

最新スケジュール

メール配信

アーカイブ

最近の記事 おすすめ記事
  1. 七輿山古墳
error: Content is protected !!