古代史を教えたい方へ

古代史日和では講師・先生を募集しています。

テーマや時代など内容は、あなたの得意な分野でOKです。

※時代は、縄文時代~平安時代まで

他の講師の方が得意としている分野と重ならないようにしたいので、勉強会のテーマは相談して決めていければと思います。

年齢、性別、経歴は問いません。

古代史初心者の人に教えてくれませんか?

今まであなたが学んできたことを、古代史初心者の人たちや女性古代史ファンの方に教えてくれる人を募集しています。

あなたの古代史の知識は、日本の財産です。

ぜひ、後世に伝えていってほしいと思っています。

こういう先生を募集しています

・初心者の立場になって伝えられる方
・古典ベースで解釈できる方
・思想や宗教ではなく歴史を教えたい方
・参加者のみなさんとのコミュニケーションを楽しめる方
・古代史の活動を長くしていきたいと思っている方
・古代史の講師ができる方

ぜひやってみたいという方は、こちらからご連絡ください。

まずはお話しましょう。あなたの考えや想いを聞かせてください。

「講師ができる」の基準

・講義ができること
・資料が作れること

のほか、

・なぜそのテーマを選んだのか?
ニーズの裏づけがあること

例えば、私が資料を作れたとしても、「藤江の邪馬台国論」というテーマにお金を払って聞きたい人はいません(笑)

古代史日和では求められる内容の講座を開催していきたいと思っています。

 

こういう人は募集していません

・自分の説を披露したいだけの人
・知識が少ない人を見下す人
・コミュニケーション能力の低い人
・連絡がスムーズに取れない人
・上から目線の人
・上代古典は偽書と決めつけている人
・古代の人物は実在していなかったという考えの人

勉強熱心な方が学ぶ場なので

古代史は趣味のテーマとはいえ、知的好奇心が旺盛で勉強熱心な方々が集まってくださっています。

趣味の古代史論ではなく、歴史の知識をお伝えする場にしたいので、一定の基準以上の方に講師をお願いしてます。

そのため、原則、古代史日和で講師デビューしていただく前に「古代史日和特別コース」を受けていただきます。

 

仲間内で古代史のおしゃべりをするレベルではなく、どこでも講師をしていただける基礎をしっかり抑えていただくことができます。

古代史と自然&人が好きならあなたも先生に・・・!

■古代史日和特別コース
カリキュラムの内容はこちらをご覧ください。

 

個別に質問などありましたらこちらからお気軽にお問い合わせください。

少し堅苦しいことを書きましたが、この”講師募集”は、”同志募集”でもあります^^

『日本書紀』編纂1,300年の2020年に向けて、古代史を一緒に盛り上げていきませんか?

あなたとの出会いを楽しみにしています!

kaori