古代史日和とは

<私たちは思想や宗教ではなく、純粋に古代史を学びたい>

歴史はみんなのもの

古代史は一部の専門家のもの、研究者のものという時代は終わりました。

「歴史はみんなのものである」という考え方をもとに、
誰もが古代史を楽しめる場、学べる場を提供しています。

ひとりで集中して研究して、真実を突き止めることも
「楽しい」の一つだと思います。

同じ興味を持つ仲間と、ワクワク感の中で学ぶことも
「楽しい」の一つです。

古代史はマニアックなテーマが多いので、
同じような興味を持つ人と出会うのはカンタンではありません。

なので、趣味としてひとりで楽しむものと思っている人は多いです。

私も以前はそう思っていました。

でも、あなたが望むのでしたら、同じ興味を持つ人たちと出会えて、
古代史の楽しさや魅力を共有することができます。

ひとりでコツコツと知識を積み重ねていくことも大事ですが、
仲間とのつながりから、古代史の世界を広げ、深めていく楽しさをお伝えしています。

日本人として、日本の古代の歴史を

古代史日和サイト、べんきょう会では、

・考古学の遺物
・中国の史書
・一般的な学説

ばかりでなく、むしろ「日本の古典」をベースに様々な角度からアプローチしていきます。

また、弥生時代の渡来文化ばかりでなく、日本古来の文化、縄文文化まで遡って考える

このような考えですが、皆さんの考えを伺いながら、
一緒に勉強し、さらに進化させたいと思ってます。
 

聞いて、話して

古代史好きな人はアクティブな人が多いです。

各地の遺跡、古墳、神社に行かれていますので、
古代史話をたくさん聞くことができます。

あなたの話もぜひ聞かせてください!

お会いできるのを楽しみにしています。
 
 
※古代史日和の活動は宗教とは無関係です