群馬県の片品村に武尊山(ほたかさん)

山の名前の由来に日本武尊!このようなエピソードを教えていただきました。(kaori)

ヤマトタケルというと、武力で従わせたイメージがありましたが、「ことむけやわす」なんて、いいですね~。

ヤマトタケルは物語としてのみしか把握していませんでしたが、その土地土地に祀られた神々。

その中に古代史を知る上での重要なことがありそうで、ワクワクしました。

余談ですが、群馬県の片品村に、武尊山(ほたかさん)という山があり名前の由来は日本武尊(ヤマトタケル)の東征の故事によるものだそうです。

こちらは、伝説にすぎないかもしれませんが。

ちなみにこの山のスキー場の名は「スノーパルオグナ武尊(ほたか)」。

ヤマトオグナ
『古事記』 :倭男具那
『日本書記』:日本童男

は、ヤマトタケルの亦の名ですよね~。

ここのスキー場のポスター、パンフを担当したことがあったので思い出しました(笑)

日本列島に残るヤマトタケルの足跡、気になります。

(埼玉県児玉郡在住 オオクさんより)

yurinより返信コメント

早速にメール講座のご感想いただきありがとうございました。

片品村にご縁があると知りまして、そして武尊山の名前を目にして、とても懐かしい思いで、返信させていただきます。

片品村はなんといっても尾瀬で知られる美しいところですね。

そこから新宿まで、茶道に通っている方もいらっしゃいました。

もう20年以上前ですが、尾瀬岩倉や川場スキー場へ行くうちに、武尊山を知りました。

そして、なんとヤマトタケルに因むもので、神社もお参りしたことあります。

ご縁があって本を書くことになり、片品村の猿追祭りや、花咲地名について、役場へ電話してお話しをうかがったこともありました。

日本武尊の像を、武尊山へ、納めた人がいた、という話しもうかがいました。 日本武尊はテリトリーが広く、書くこともありすぎて、1冊ではキャパシティを越えてしまいます。

……とにかく不完全でも1冊だして、そこからまたいろいろ情報いただいたり、あるいは逆にこの本をもとに、それぞれが調べて楽しんでもらえたら、と思いました。

ヤマトタケルのネットワークができて、いろんな情報が共有できたらいいな、なんて夢見ています。

スノーパルオグナ武尊スキー場なんていいですね。 日本武尊が地元の人に愛されていてうれしくなります。