【JOMON5】最高に美しいといわれる神子柴(みこしば)の石器

スポンサーリンク


特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」のブログのつづきです。

 

過去には「旧石器ねつ造事件」という、古代史学会を震撼させる大事件もありました(大汗)

「そもそも旧石器なんて、よくぞ見つけられるよね。たくさんある石とそんなに見分けがつくのかしら?」

なんて、遠い世界にある旧石器、と思っていました。

 

……ところが、その後、長野県南箕輪村の神子柴遺跡から出土した旧石器(前16,000~11,000)を目にして感動しました!

木の葉型で、少し磨きが入っています。

美しいのです!まさしく「美の鼓動」は、すでにこの時期に始まっていました。

モノづくりの原点は1万年以上前から

長野県八ヶ岳産の黒曜石の石器を見ても、ストレートに美しさに打たれます。

神子柴遺跡から出土した石器群は、尖頭器18点、局部磨製石斧9点をふくむ87点もありました。

長野県和田峠の黒曜石ばかりでなく、新潟県・岐阜県の彩り美しい石も入っています。

交流の広さにも驚かされます。

 

しかも周辺に集落跡でない土中からの出土という状況は、いまだに謎めいてロマンをかきたてます。

打製石器を製作するには、一つの石器の分割が数百回におよぶこともあるそうです。

しかも黒曜石は、一定方向に割れやすく、相当な技量と根気が必要です。

 

すぐ隣に展示された秋田県東瀬町村の上掵(うわはば)遺跡の磨製石斧は、縄文前期(前4,000~3,000)の石斧4本、長いもので60㎝もある刀のような石斧です。

北海道の日高地方を流れる沙流(さる)川支流の額平(ぬかひら)川上流で採取される「アオトラ石」とよばれる緑色岩です。

薄緑に茶色の縞模様がにじむようにはいっています。

 

縄文時代の石斧の中で、ケタ外れの大きさと優美さを兼ね備えています。

石斧

(秋田県立博物館にて)

ひとまとめに埋納されていたことからも、特別の日の祭祀や儀式用とされています。

神子柴の石器にみられるように、モノづくり日本人の原点は、はるか1万年以上も前にあって、連綿と継承されてきたのです(大拍手)

スポンサーリンク


関連記事

  1. 【JOMON1】日本列島の南北の縄文造形美から始まる

  2. 【JOMON】特別展「縄文-1万年の美の鼓動」~日本人と古典の源泉にふ…

  3. 【JOMON4】縄文海進で入江ができて海産物が豊かに

  4. 【JOMON7】国宝土偶にみる縄文人の深い精神性

  5. 【JOMON8】東日本「縄文」から西日本「弥生」に継承されるもの

  6. 【JOMON6】縄文土器で唯一国宝の火焔(かえん)型土器

  7. 歴博年代とは?問題のある年代解釈

  8. みちのく古鏡への思い【1】

最近の記事