天智天皇と額田王の孫の子、淡海三船はスゴイ人!

スポンサーリンク


 「○○天皇」というのは、中国風おくり名で漢風諡号(かんふうしごう)と言います。

例えば、”天智天皇”は漢風諡号です。

この漢風諡号は、昔からあったのではなく、古代のある人物が考えたものです。

その人物が、天智天皇と額田王の孫の子、淡海三船です。

1.古代最大の内乱を引き起こす複雑な人間関係

第39代天智天皇、額田王(ぬかたのおおきみ)といえば
古代史や『万葉集』を彩る有名人物です。

この記事のタイトルに、「天智天皇と額田王の孫の子」とありますが、

あれ?二人の孫の子って?子供いなかったのじゃなかったかしら?
と、不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。

 

そうなんです。

額田王(ぬかたのおおきみ)は、天智天皇の妃になりますが、
二人の間に御子は授かりませんでした。

……なのに、孫の子とは?

 

実は、額田王は再婚だったのです。

天智天皇の妃となる前に、大海人皇子(おおあまのおうじ)、
のちの第
40代天武天皇の妃として、十市皇女(とおちのひめみこ)を授かっていました。

 

その十市皇女(とおちのひめみこ)は、天智天皇の大友皇子、
39代弘文天皇の妃となり、葛野王(かどののおおきみ)が生まれました。

葛野王は、天智天皇・天武天皇・額田王が祖父母です!

華麗なDNAが受け継がれて、賢そうですね~~。

 

しかし・・・はからずも天智天皇の死後、大友皇子と大海皇子の後継者争いは、
古代最大の内乱「壬申の乱」をひきおこしてしまったのです。

 

2.天智天皇・天武天皇・額田王の血筋から淡海三船(おうみのみふね)

ここで改めて、今回の系図の全体を見てみます。

古代の天皇家は近親結婚が多いのです。

 

古代最大の内乱といわれる壬申の乱は、大海人皇子(天武天皇)側と、
大友皇子(弘文天皇)側による、皇位継承をめぐる争乱でした。

十市皇女(とおちのひめみこ)にしてみれば、父と夫の争いです。

この内乱は、大海人皇子側の勝利となり、第40代天武天皇として即位します。

敗者となった、大友皇子は亡くなってしまいますが、その御子の葛野王は、
天武天皇の孫にもなるわけで、天寿を全うします。

 

その葛野王の孫が淡海三船(おうみのみふね)です。

 

3.歴代天皇の漢風諡号を名づけるというスゴイ業績

その淡海三船のスゴイ業績が、神武(じんむ)・綏靖(すいぜい)・安寧(あんねい)

……という、『古事記』『日本書紀』『続日本紀』に登場する、
第1代神武天皇から、第44代元正天皇までの漢風諡号(中国風おくり名)
考えだしたことです!

たとえば『古事記』で、一般的に神武天皇とお呼びしている天皇は、

神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと)

『日本書紀』では、

神日本磐余彦天皇(かむやまといわれびこのすめらみこと)

と、表記されています。

 

綏靖天皇は、

神沼河耳命(かむぬなかわみみのみこと)
神渟名川耳天皇(かむぬなかわみみのすめらみこと)

 

安寧天皇は、

師木津日子玉手見命(しきつひこたまてみのみこと)
磯城津彦玉手看天皇(しきつひこたまてみのすめらみこと)

……

つまり、初代のカミヤマトイワレビコノミコトは、九州から畿内へ東征して、
「武」によって国内を平定し、「神」となって日本を治めたお方=「神武天皇」と、名づけたのです。

 

第二代の綏靖天皇は、国内を安らかに安定させたお方、
第三代の安寧天皇は、国内を穏やかに平和に治めたお方、
という具合です。

そして淡海三船の先祖の天智天皇・天武天皇もまさに、その一生を二文字で、追号したのです。

『日本書紀』で、天智天皇・天武天皇は、それぞれ、
・天命開別天皇(あめのみことひらかすわけのすめらみこと)
・天渟中原瀛真人天皇(あまのぬなはらおきのまひとのすめらみこと)
という長〜〜いお名前がついてます。

こんなふうだと、確かに故人を語るのに、まどろこしいですもんね。

 

大化の改新から、白村江の敗戦の難局を乗り切り、
大和から近江に遷都して、律令体制の礎を築いた、「智」の誉(ほま)れ高い「天智天皇」。

壬申の乱を引き起こし、政権を奪取した「武」の誉(ほま)れ高い「天武天皇」。

ちなみに天武天皇の系譜は、その後9代で絶えて、
49代光仁天皇は、天智天皇の孫で、その系譜が現在の今上天皇まで続くことになります。

今、私たちが、歴史を学ぶときに、神武天皇・継体天皇・推古天皇とお呼びするとき、
そのお名前を考え出した、淡海三船(おうみのみふね)のスゴイ業績と、

天智天皇・天武天皇・額田王につながる、三船の華麗な血筋をうかべてみると、
一人一人の天皇の名称の重さが、しみじみと伝わってくるのではないでしょうか。        

スポンサーリンク


関連記事

  1. 女神の回廊【3】筑紫の国には天照大神の一族が祭られる様子が顕著

  2. 女神の回廊【2】考古学者森浩一先生の見た北部九州の東西

  3. 淡海三船の名前から伝わる天智天皇・額田王を思い慕う気持ち

  4. 女神の回廊【1】筑紫の国を東西に二分する中央ラインの要衝地に女神

  5. ミシャグジ神を祭る神長官守矢氏

最近の記事