奴国の天の岩戸と巨木信仰からもわかる神話の舞台

スポンサーリンク


こんにちは、yurinです。

沖ノ島の巨岩崇拝を見ているうちに、あらためて、北部九州地方の巨岩信仰を次々と思い起こしました。

住吉神社を守護神とする奴国の巨岩と巨木信仰

鏡や武器類といった、大陸由来の華やかな青銅製品に目がくらみそうな、古代北部九州の国々なのですが、

その一方で、自然信仰、神社、祭祀に目を向けると、日本古来の精神文化も見えてきました。

 

沖ノ島や福岡県飯塚市の熊野神社の巨岩信仰は、『魏志倭人伝』の国々の奴国(なこく)にもあったのです!

「漢の倭の奴国王」の金印を、漢王朝から授受された、倭国の当初の盟主が奴国です。

 

『魏志倭人伝』の国々の中で、奴国が博多平野付近の国であるのは、異論がないのではないでしょうか。

そして博多平野の奴国の求心力となってきたのが、那珂(なか)川の河口の住吉神社です。


福岡市博多区 住吉神社


住吉神社の大楠

河村先生は「奴国の守護神」と書いています(『神功皇后の謎を解く』)。

その那珂川を遡ると、現人(あらひと)神社(那珂川町)があります。

この神社が、大阪・下関・宮崎などの全国にある住吉神社の元宮といわれて、この川の流域から奴国は始まったようです。

 

筑紫の神社はどこも、神話の「鳥の磐楠船(いわくすふね)」を彷彿とさせる楠の巨木が目立つのですが、この現人神社の楠(くす)の木も見事でした。

古代人は、鳥のように自由に駆け巡る船をイメージして、その貴重の船の材になる楠の木を、ご神木として大切にお祭りしたのです。

 

畿内大和では「石上(いそのかみ)の布留(ふる)の神杉」「三輪の神杉」と歌われるように、「杉」が主なご神木で、神話の舞台より、時代は下るものとみられます。

 

筑紫の国の神社の見事な楠(くす)の木を見るだけでも、神話の世界が彷彿としてきます。

その那珂川に注ぐ小さな川の源流に、天の岩戸という巨岩の磐座(いわくら)がありました!

那珂川町の天の岩戸

神話の天の岩戸は、天照大神が、弟の素戔嗚尊(すさのおのみこと)の乱暴狼藉(らんぼうろうぜき)な振る舞いに、お怒りになり、天の岩戸にお隠れになってしまった、という場所です。

お隠れになる、というのは、古典では貴人の死を意味する場合があるのです。

那珂川町の天の岩戸の話しを聞いて訪ねてくる人の中には、山道に迷ってたどり着けない人もしばしばいるとか……

河村先生も、たどり着けなかったそうです(汗)。

二度目のチャレンジ!

 

今回は、地元の方と、那珂川町の資料館の方、お二人に案内していただいたので安心でした。

実は私が「遠賀川の神々」を強調した講演をしたもので、

「遠賀川」ばかりに神々がいるのではない。
この那珂川にも神々はいらっしゃる。
広く筑紫の国を見渡すように。

との河村先生のご教示だったのです。

 

農家が点在する山合いの集落の細道を抜けて、林道のような道をあがっていったその先に、目的地はありました。

正式名は戸板地区の「山神社」で、かつての岩戸村の由緒になっているそうです。

バス停から歩けば、1時間ほどはかかるようで、このようなスポットに案内していただき、有難く思うばかりです。

ようやく古い苔むした石段の下にたどりつくことができました。

 

石段はあまりに急で、危なっかしい手すりでもついてなければ、転がりおちそうです(大汗)

山上に近く、石段からの眺めは明るく開かれて、よくぞこんな高いところにと思うところに農家も見渡せます。

海岸近くは外敵の侵入を受けやすい、ということで、このような山上まで土地を切り開いて、耕作をしてきたのでしょうか……

不思議にどこか安心感のあるスポットなのです。

 

階段を登りきると、目の前は、巨大な岩壁におおわれました。

そこがまさに「天の岩戸」です。

後世の人が巨石に描いた摩崖仏(まがいぶつ)もあります。

……ですが、申し訳ありません。

あまりに斜度が急で、岩山が大きくて、その全貌をフォトにおさめることができなかったのです(大汗)

 

「奴国もいろいろあるでしょう!?」と、どうだ!といわんばかりの河村先生。

「遠賀川の神々」ばかり語ったけれども、日本神話の神々は、確かにこの那珂川にもいらっしゃるようです……

まだまだ勉強不足を実感させられた、那珂川町の「天の岩戸」との出会いでした。

岩戸神楽と筑紫の国に広がる日本神話の魅力

車で山を下り、山田地区の伏見神社を案内していただけました。

青山に囲まれて、社前の那珂川はゆるやかに流れ、名前のとおりに豊かな水田の広がる風景に、心もなごみます。

神功皇后の妹(姉)の淀姫をお祭りする神社だそうです。

えっ、神功皇后に姉妹がいたの?

驚きでした!

 

祇園祭に奉納される「岩戸神楽」が有名だそうです。

社前の掲示板に神楽の説明書きがあります。

天の岩戸にお隠れになった天照大神ですが、高天の原の神々のお力で、再び岩戸の外へ出て明るく地上を照らしたのです。

それが岩戸神楽です。

伏見神社 神楽案内板

本州の長野県でも、神話の「高天の原」という地名や、それらしいスポットを、訪れたことがありました。

行ってみると、山の中の明るく開かれた場所で、いかにも八百万の神々が集い、話し合いや歌舞飲酒での笑い声が聞こえそうな別天地です。

いにしえの奴国の「天の岩戸」のスポットも、何かしらそのような雰囲気がありました。

 

そしてこの山田地区の伏見神社もまた、実りの秋の収穫を感謝して、のどかな里山のお社(やしろ)に集う神々の声が聞こえてくるような気がしました。

伏見神社 ご神木

 

いにしえの『魏志倭人伝』の「奴国」が、確かに自分の中で、つい昨日までとは変化していたのです。

 

「弥生銀座」という名称もあるほどの、大陸由来のきらびやかな青銅製品にあふれた王国、のイメージばかりでなく、原始自然信仰や神楽に彩られた日本神話の世界に、近づいていくものでした。

 

『旧唐書』(945年)の倭国伝に

倭国は、いにしえの倭の奴国である

という一文が、山田の風景とともに思い返されて、なんとも懐かしい気持ちがしてきます。

日本神話の魅力があふれた、筑紫の国の奥深さが広がっていく1日として、心に深く刻まれています。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 宗像・沖ノ島世界遺産で今知っておきたいこと【2】海や島の要衝地での自然…

  2. 越の国の旅【10】最高のパワースポット ヒスイ峡

  3. 越の国の旅【1】「ヌナカワ」という地名が広げてくれる古代の世界

  4. 宗像・沖ノ島世界遺産で今知っておきたいこと【3】三女神への思いを托して…

  5. 越の国の旅【7】風情ある高田城下で「物部の心」

  6. 越の国の旅【3】「県内最大規模の古墳群」と「東日本最大級の遺跡」

  7. 越の国の旅【9】「ぬなかわ」はヒスイの川の意味

  8. 筑後の歴史の奥深さにふれる旅【1】〜筑後国一の宮高良大社〜

最近の記事