『日本書紀』飛鳥の剣池と蓮の花

スポンサーリンク


こんにちは!yurinです。

地方では旧暦のお盆です。あれっ?昨日まで神さまのお話しじゃなかったの!?

なんて、言われてしまうかしら(汗)。

 

神と言い 仏と言うも 世の中の 人の心の ほかのものかは 
(源実朝『金塊和歌集』)

神さまとも、仏さまともいいますが、それは現世の人々の心の外の、何か超越したところにあるのでしょうか。
いいえ、きっと、人々の心の中にあるものに違いないです)

何かしら日本人の宗教観がでていて、ほっと共感してしまいます。

というわけで、今日は家の近くで見つけた、蓮(はす)の花のお話しです。

お盆に咲く白い蓮(はす)の花

わたしは都市部の近郊に住んでいますので、
車で10分もいけば、農村風景が広がります。

車で20分ほどの手賀沼は、蓮の名所ですが、
一面に蓮の葉が生い茂り、むしろお花は少ないです。

昨年偶然に、水田の中の蓮(はす)の田に、
花が咲いているのを見つけました。

幼い頃は、千葉の海岸沿いには、蓮の田が広がっていましたし、
水田の一画に必ず見かけましたが、それもいつしかなくなり、
今は珍しい風景になっています。

蓮は清流より、濃い泥水の方がピンクの花を咲かせるとか。

 

時代劇で、蓮の田んぼに入って、花を切っているのを見かけたことがありますが、
あれはお盆に、ご先祖さまにお供えするためだったのでしょうか?

 

今年もお盆の時期が近づいて、蓮の花見に行ってきました。

雨上がりの水田の稲の緑がみずみずしく、ここでは白い花が主体の花で、
その光景がすがすがしく、心が洗われるようです。

ふと飛鳥の、まだ見たことのない蓮の花に思いを馳(は)せたのです。

 

氏族の興亡を見つめた剣池

日本書紀の第34代舒明天皇の6年7月に、

この月に、瑞(あや)しき蓮(はちす)、剣池(つるぎのいけ)に生(お)う。
一つの茎に二つの花あり。

(めでたい蓮が剣池に生えた。1本の茎に2つの花が咲いた)

とあります。

舒明天皇は、天智天皇の父で、斉明(皇極)天皇の夫君です。

7年の記事は少なく、彗星(ほうきぼし)が流れたこと、
そして百済の使者が朝貢にきたこと、そして蓮の花が咲いたことです。

 

さらに第37代皇極天皇の3年6月、

戊申(ぼしん)に、剣池の蓮(はちす)の中に、一つの茎に二つの萼(はなぶさ)あるものあり。

豊浦大臣(とゆらのおおおみ)みだりに推していわく、
『これ、蘇我臣(そがのおみ)が将来(ゆくすえ)の瑞(みず)なり。』といい、

すなわち金(くがね)の墨を以(も)ちて書きて、
大法興寺の丈六(じょうろく)の仏に献(たてまつ)る。

(6日、剣池の蓮の中に、1本に2つのがくのある蓮があった。
 
蘇我入鹿の大臣(おおおみ)は都合よく推測して、
「これは蘇我臣(そがのおみ)の将来を示す瑞兆(ずいちょう)である」と言って、
 
金泥で蓮の花を描いて、大法興寺の仏に献上した。)

 

蓮の花は、仏教と結びついています。

1本で2つの花は珍しく、吉兆とされています。

 

……ですが、この1年後,中大兄皇子と藤原鎌足からなる、乙已(いっし)の変により、
蘇我入鹿は誅殺されて、蘇我本宗家は滅亡してしまいます。

 

蓮の花の瑞兆(ずいちょう)は、中大兄皇子、のちの38代天智天皇にとってのものだったのです!

 

ここにでてくる剣池『古事記』『日本書紀』によれば、
8代孝元天皇の「剣池島上陵(つるぎいけのしまのへのみささぎ)」が築かれた池です。


橿原市石川 剣池嶋上の第8代孝元天皇陵

橿原市石川町にあり、石川池ともよばれています。

4年後に葬り去られてしまう、蘇我倉山田石川麻呂も、この地名に因んでいます。

このブログでもお伝えしている通り大彦命をはじめ、
孝元天皇からは多くの氏族が輩出しました。

蘇我氏は、孝元天皇の子孫から別れた名族の意識をずっと持ち続けた氏族、とみられるのです。

 

多くの氏族の興亡を見続けたのが、飛鳥の剣池です。

お盆に咲いた蓮の花から、飛鳥の歴史に思いを馳せたひとときでした。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 「筑紫の国」と「肥の国」の国境から見る投馬国

  2. 「筑紫の国」を象徴する3つの河川~筑紫邪馬台国入門1~

  3. 奴国の都は那珂(なか)川町安徳台

  4. 景行天皇「うきはの宮跡」オリーブそよぐ風景との出会い【1】

  5. 千余戸の伊都国が有力国として認められていたのはなぜ?

  6. ミシャグジ神が降臨する神籬(ひもろぎ)

  7. 投馬国の場所は地名と山河からわかる

  8. 5万戸の投馬国は農業や物づくりに励む人が多かった国

最近の記事